アオハルに浸る

寝ている時、大抵見る夢は「あぁ、これは夢だな」と分かるのですがたまに夢が鮮明すぎて現実か夢か分からなくなる事があります。昨日の夢は中学生の頃にタイムスリップした夢で制服を着て学園生活を謳歌していたものでした。自分では忘れていたはずの光景がありありと映し出されていき感情もリアルに味わえたものです。話しかけたくても出来ない、そんな淡い片想いで幕を閉じた甘酸っぱい記憶はそっと夢の中に置いてきました。

3+