エリザベスちゃん

透明な薄ピンクの体を持った不思議な子に出会いました。初対面な私からすると不気味なような可愛いようななんだかとにかく興味の惹かれるものでした。小さな体でせこせこ動き回る様子にただただ目を奪われていました。
そういえば昔、金魚を飼っていた時もこんな狭い世界の中で何をそんなに急いで泳ぎ回っているのだろうと思いよく眺めていたものです。私自身年を重ね大人になり、概念は違えど結局人間だって同じじゃないかとハッとさせられてしまいました。
そんな彼女には高貴な名前が与えられていました。

1+