文字を泳ぐ

図書館に行くと心が休まります。癒しスポットとでも言いましょうか。山程の文字が書かれた紙がそこにあるだけなのに。
本屋さんでいいじゃないとも言われますがまた違うんです。小綺麗に身繕いされ並んでいる子達は眺める分にはいいんです。が、結局ビジネスライクな関係止まりです。疲れを癒してくれるのは普段着スッピンの幼馴染と会ってたわいも無い会話を楽しむ時なのです。こちらも無防備な状態になるので何気ない言葉が深く沁み渡るものです。

1+